2016年5月10日火曜日

河野元昭先生のブログ

河野元昭先生とブログ友達になりました。(笑)

河野先生はもちろん日本美術史の重鎮であり、現在は静嘉堂美術館館長。
京都美術工芸大学学長でもある。

ご縁は、先生が私の山中商会の本の書評を日経新聞に書かれたことにある。
大変すばらしい書評だったので、その本が文庫になるときに、巻末の解説を
お願いしたところ、こちらも快諾いただき、これまたすばらしい解説を
書いてくださった。

今回、やっと色々な条件がかさなってお会いできることとなり、静嘉堂文庫まで
ご挨拶に出かけていき、そのときに先生がブログを書いていらっしゃることが
わかり、ブログ友達(?)になったのです。

というわけで、河野先生のブログはここ。
http://plaza.rakuten.co.jp/tabikono/
日本美術の展覧会を見て、先生が感じたこと、思ったことなど書かれていて
含蓄がある。

「長くて読む気がしないと人に言われたので、何度かに分けて書くことにした」
とおっしゃられていて、私など耳が痛い。私も短くするように努力しているのだけど、
ダメ、何度かに分ける方法も、私の場合はあまり効果がない。

話題は飛ぶが、先週、ついにトランプが共和党候補になることがほぼ確実になった。
半年前にはみんな「絶対ならない」と思っていたのだから、世の中何が起こるか
わからない。 これで反トランプで団結してヒラリーが本当に勝つのだろうか?
まだわからないような気がする。