2016年11月7日月曜日

月・雪・桜 歌麿三部作展、来年春にフリーア美術館で

10月後半は日本へ行っていたのだが、その前後はバタバタと忙しく、ブログを
書く時間が取れなかった。その間、随分展覧会も見たりしてはいるのだが。
というわけで、まとめて総括しておこう。まずは、ニュースから。

来年のメトロポリタン美術館ガラ展(ファッション・インスティテュート)が
川久保玲展になるらしいという噂については前に書いたが
 http://nykanwa.blogspot.com/2016/09/blog-post.html
これがオフィシャルになった。
http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2017/rei-kawakubo

展覧会が素晴らしいものになることはわかっているし、初期の川久保作品が
多く展示されるということで(80年代に買ったコートをまだ来ている私は)
大変楽しみなのだが、やじ馬としては、ハリウッドの女優や歌手が川久保のドレス
を来てガラパーティに出席するかどうか気になるところ。 
ビヨンセや ジェニファー・ロペスが果たして川久保を着るのか??? 
(着ないでしょうねえ〜〜。)

ニュースもうひとつ。
少し前、行方不明になっていた歌麿の浮世絵「深川の雪」が岡田美術館に
展示され、改めてこの浮世絵三部作に注目が集まったことがあった。
来年、この3枚を並べて展示する展覧会が開催される。
 場所は、コネチカット州ハートフォードのワーズワース・アセニアム美術館
(「吉原の桜」)とワシントンのフリーア美術館(「品川の月」)。

そう、3枚のうち、2枚はアメリカの美術館にあるのだ。
この3枚、もともとはまとめてパリに移動し、そこで別々の人に
売られた。

フリーア美術館はチャールズ・フリーアのコレクションとして有名だが、
ワーズワース美術館はダニエル・ワーズワースが1842年に設立した美術館。
現在は個人コレクションを越え、モーガンコレクションの一部などを含む
総合美術館になっている。昨年秋、大規模な改装を終え、再開館したばかり。

というわけで、待たれていた桜、雪、月 3枚揃えの展覧会だが、御存知の方も
いるだろうが、フリーアの遺言でフリーア美術館は作品貸し出しをしない原則。
なので、ワーズワースでは複製が展示される。
本物が3枚揃うのはフリーア美術館のみ。

ワーズワース 2017年1月7日ー3月26日
フリーア     4月8日ー7月9日

では、岡田美術館は?
岡田美術館のウエブサイトを見ると下のように書かれている。
(11月3日付で)
http://www.okada-museum.com/information/archives/1475

**

喜多川歌麿「深川の雪」の展示について

UPDATE : 2016.11.03
 
喜多川歌麿「深川の雪」は、2017年4月8日から7月9日まで、フリーア美術館(アメリカ、ワシントンD.C.)にて、展示されます。
当館においても2017年、「深川の雪」の展示を予定しておりますが、詳細は決まり次第、ホームページ上で
お知らせいたします。
**

ということは、ワーズワースで展示される「深川の雪」は複製なのだろうか? 
だって本物が貸し出されるなら、フリーアだけでなくワーズワースにも貸し出される
と書かれている はずなので。
(ワーズワースのプレスレリースのニュアンスでは本物のようだが・・)

さて、どうなるのでしょう? 展覧会に関するフリーアとワーズワースの
ウエブサイトは下へ。絵柄もそこで見られます。

http://www.asia.si.edu/exhibitions/future.asp
https://thewadsworth.org/exhibitions/utamaro-and-the-lure-of-japan/